忍者ブログ

16Oct

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20Jul

7月。文月。

Posted by in 未選択

今月は前半割と忙しめでした。
忙しいと言っても朝が早く夜が遅い日が数日あっただけですが。
友達とご飯に行ったり、ライブに行ったり(撮ったり)程度で活動量的にはあまり多いとは言えない日々を送っています。

---今日はエッシャー展に行ってきました。平面正則分割。版画とは思えない緻密な絵でした。
作品を見たからといってその人物に触れられるわけでも何かを理解できるわけでもないのにわかったような気になってしまうというのは一体何なのでしょうか。絵も音楽も写真もそう、答えは風の中にも作者の中にもない。あったとしてもそれは他の方法で表現できないからそれらの芸術に落とし込まれているのであって、文字で現すことはやはりできないのだろうなと思います。自分の経験や感情、情報なんかから答えを導き出している受け手はいつだって自由だし、同時に身勝手なものなのでしょう。


---私は記憶力がとても乏しいので、最近思うのは、私の記憶は一体どこに保管されているのだろうと。あれ、BUMP OF CHICKENの歌詞じゃないですが、どんな風に日々を大切に生きても僕らは忘れてく。にしても落とす速度と量が尋常じゃないな、と思います。先日、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブに行ったのですが、私はアジカンのワンマンを見に行った記憶が全くないのです。でもRe:Re:ツアーのタオルやProject BeefのTシャツなんかを持っていたので行ったことあるんだろうな、、、くらいに思っていました。あとで調べたら2005-2009年までで5回はワンマンを見ているし、イベントなんかを含めたらもっと見ているんです。それなのに見に行った記憶がごっそりない。なんなんでしょう。ライブ終わったあとだって、最近はもう、全然何の曲を演奏したのかそんな記憶すら交錯してわからなくなってしまうんです。覚えていられないというのは、思い出せないということは、まるでごはんを食べ続けているのに空腹がやって来ないみたいな気持ちです。忘れて良いことはもっとたくさんあるのに、覚えていたいことを覚えていられないのは結構堪えるなぁと心底思っています。私が写真を撮っているのは忘れてしまうから。ただそれだけなんだと思います。
誰かが呟いた、忘れてしまった。その声が聞こえたことさえ忘れたの。

PR

Comment


Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字